2019年11月24日(日)

ガソリンランタンの講習会を開催しました。

 

近年、キャンプブームにより多くのキャンパーが誕生しています。

松江市宍道ふるさと森林公園にも多くのキャンパーが来園し、夜にはランタンの灯りが灯されています。

現在のランタンの主流は「LEDランタン」が多く、手軽でスイッチ一つで明るくなり、一昔前と違って光量も十分にあり、LEDランタンは便利な器具ではあります。

 

一方、ガソリンランタンはポンピング等の手間がかかり、少し面倒な器具ではありますが、

・暖かみのある光

・ゴーっという音

など、ガソリンランタン特有の魅力も兼ね備えています。

 

 ランタン

 

そんな魅力を伝え、安全に使用して頂くため、「ガソリンランタン講習会」を開催しました。

 

今回はお二人の方(G様、I様)に参加頂きました。

 

お二人とも自分のランタンをお持ちでしたので、今回は点火方法などは短縮し、メンテナンス方法に重点を置きました。

 

まずはハンドブックを用いて、ランタンの構造や部品の名称等をおさらいします。

講習会1

 

その後、実物を分解しながら、メンテナンス方法などを説明していきます。

講習会2

 

説明後、お持ち込みのランタンのメンテナンスに入ります。

G様のランタンは「10年以上放置していた」とのことでしたが、比較的きれいでな状態でした。

I様のランタンは「磯釣り等で使用し、波を被ったこともある」とのことで、錆など年季が入っているものでした。

スタッフも一緒に苦心しながら分解していきます。

講習会3

 

講習会4

G様のランタンはきれいなメンテナンスができました。

I様のランタンは、着火装置に問題があり(被った波の影響?)、時間もなかった為、完全に復活させることはできませんでしたが、部品を交換すれば十分使用できるようにはなりました。

 

ガソリンランタンは手間がかかるものですが、適切なメンテナンスをし、部品の交換などを続ければ、何十年も使用できるものです。

これからも大切に使って頂きたいと思います。

講習会5

 

松江市宍道ふるさと森林公園 太田